人気ブログランキング |

気仙沼 2019その2

さて、三年振りの夏帰省です
2月に帰省した時は葬儀のためだったので
ほとんど復興状況など見て回らなかったので
今回は色々見ましたよ

私の故郷気仙沼市はほぼほぼ認知度が高い町とは言い難かったけれど
さすがに東日本大震災以降は気仙沼市と言えば三陸地方とすぐに分かってもらえるようになりました
震災から8年経っても復興状況は完成形には程遠くに思えます
どの地点で完成形かと言う話になると
街が整備されることか、人が戻ってくることか、色々分からなくなってくるけど自分の中での気仙沼像とのギャップは上書きしていかなくちゃだめなんだよなぁ、、なんてことを考えてました

さてここの所大きく変わったこと
三陸自動車道が気仙沼市まで延びたこと
そして気仙沼大島に橋が架かったこと!
気仙沼大島は人口約3000人
気仙沼湾が穏やかなのは湾の真ん中にある大島が自然の防潮堤の役割を果たしているからと言われ
島の中央には亀山がそびえ市民に愛されている島です

島に行くには観光船桟橋エースポートから巡航船で行くより方法はなく
海水浴やハイキングなど小さい頃からカモメが付いてくる船に乗って何度も遊びに行きました
2011の津波では大きく被災して島は孤立
アメリカ軍のトモダチ作戦によって救援支援を受けた島なんですよ
大きな報道も沢山ありましたね
その孤立した島に島民そして市民待望の橋が完成したのです
架橋はあらかじめ組み上げた本体を日本最大級のクレーン船で運び込むと言う難しい工事の模様はNHKのドキュメンタリーでも放送されましたが拍手喝采ものでした
そんな気仙沼本土から繋がった大島へも2度もドライブして来ましたよ
子供達が小さい頃海水浴で行ったのが最後だからなん年振りでしょうか

わーい、ピカピカの橋だ〜

d0050290_16445246.jpeg

龍舞崎の灯台まで行って太平洋を眺めてきました
駐車場から結構歩いてふぅ
子供の頃はもっと近くに感じたのになぁ
津波の影響で松が大分枯れていましたが懐かし光景でした
陸続きになった大島がなんか不思議というか新鮮でした〜

d0050290_16421922.jpeg

d0050290_16522206.jpeg

さて気仙沼は観光桟橋エースポートも周辺嵩上げが済み新しく生まれ変わりました
周辺は港町として一番の観光スポットというか顔のようなもの
安全でかつ気仙沼らしい雰囲気になってくるのだろうと期待です

d0050290_16590229.jpeg

d0050290_16592657.jpeg

d0050290_16594609.jpeg

市場の上から丁度カツオの水揚げの様子が見れました
それにしても今年の秋刀魚の大不漁には心が痛むー、悲しいよ〜

d0050290_17020140.jpeg

美味しいものも沢山食べてゆっくりと滞在した実家
実はメインは義兄の新盆供養のためでした
まだ思うところが強すぎて何も書けませんが
私にとっても今年はまっくすがいなくなり義兄もいなくなり
残された家族、姉妹、大切に楽しく過ごして行かなくちゃねと思いを新たにしたのでした

毎日姉のリビングからの景色を見ながら
嬉しいことも楽しい事も喪失の積み重ねなんだなと
私の大好きなこの原風景を見て暮らしながら
姉にも元気になーれと心の中でエールを送りました

d0050290_17125776.jpeg

by mamamack | 2019-09-06 16:04 | みなと気仙沼 | Comments(0)

ままま&まっくす的 、ほにゃらら生活


by mamamack
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31