人気ブログランキング |

しょーちゃん病院へ

しょーちゃんが満面の笑みでバンザイをしながらリビングに入ってきて言いました。
もう何も心配することはないからね、これからはどんどん良くなるよ、って。
おじいちゃん何が良くなるの?って聞いたら、戦争が終わったからね世の中がどんどん良くなるからね安心しなさい、と。。。
可笑しくてあははと笑って、そのあと溜息一つ。
いやいや、最近は溜息一つどころじゃないわ。
そんな我家の義父、97歳であります。

一ヶ月ちょっと前くらいかな、いつも通りデイサービスでお風呂に入ってきた日のお手紙に、鼠径部が腫れていますので様子を見てくださいと書かれていました。
一応確認のためソケイブって検索しましたよ。
普段そんなところ見ないものねぇ。

パンツの上から触ってみるとポコンと卵大に腫れています。
おじいちゃん、これ何?気がついていた?って聞いたら、そりゃ◯玉だよ~、と言いました。
違うわよ!◯玉はもっと下でしょ、と言いますと、二個あるんだよ♪と。。。
だめだ、こりゃ。

丁度、近所の医院に健康チェックに行く予定だったので診てもらいました。
診察台に横になったら引っ込んでしまいました。
鼠径ヘルニアですね、ということで、治すには手術しかないのだけれど年齢のことや認知症のことやらあるので様子を見ながらそのうち外科できちんと検査したほうがいいかな、ということだったのです。
鼠径ヘルニア、つまり脱腸、だっちょであります。

病院から帰れば即、病院に行ってきたことも忘れるしょーちゃん。
要するに本人は痛くも痒くもないから脱腸も何も気にもとめません。
時々ズボンの上から触ってチェックするのだけれど、ほらおじいちゃん腫れてるから触ってみて、と言うと自分で触ってあわわと驚きます。
そしてすぐ忘れます。

そうこうしているうちに両サイドからヘルニアが出るようになって、手のひらサイズに大きく出るようになってきてしまいました。
大きな病院の消化器外科に連れて行きました。
立派なヘルニアだったわけだけれど、どんなに大きくなっても戻るうちは問題がないのだとか。
筋力のない高齢者には多い症状だそうです。
手術するかどうかは本人か家族の考え次第だと。。。

今は問題がないとは言っても先のことを考えると、どんどん大きくなっても困るし、全く持病も常備薬もないなら手術してしまったほうがいいかなと、先生と相談しながら決めました。
ヘルニアの手術自体は腸の出口を補強するという本当に簡単なもので、通常だったら部分麻酔でできちゃう手術だそうですが、おじいちゃんの場合は両サイドなので時間も二時間ほど、認知だと動いてしまう可能性もあるので全身麻酔になりました。
入院も通常だったら一泊程度だけれど、数日診ていただくようにお願いしました。

ところでね、しょーちゃん、70代の初めに外科の手術で入院したのが一度きり。
その他、持病なし、病院に通ったことなしという健康優良じいさんなのでありました。
オットと二人で、訳わからんちんなしょーちゃんを車椅子に乗せ、病院内をあちこち検査に回り、疲れきる事2日。
高齢ということか、かなり厳密な検査をして、麻酔医の診察も受け、手術日が決定しました。
ここまでの時点でやれやれな感じだけれど、まっくすが元気になっていてくれて良かったよ~~。

さて、自分が置かれている現状が把握できないおじいちゃん、環境が変わるとことさらです。
どうなりますか!
18日入院、19日手術、23日退院予定です。
一番心配なのはボケボケが進むことです。
Commented by yumiyane at 2012-07-13 11:02
認知症の義理のお父様に上手に接していらっしゃいますね。
大変なこともいろいろあったでしょう。しょーちゃんのこと、遡って読ませていただきました。
今でこそ認知性のこと、いろいろ解明されてきましたが、私の母も実は若年性痴ほう症でした。父は97歳まで生きましたが、母は68歳でなくなりました。最後の10年は大泉学園の姉が引き取って、私も通って世話をしました。実の母だからできたと思います。
まままさん、偉いわ。
Commented by shellmam at 2012-07-13 23:39 x
ままま~一難さってまた一難。。
今度の一難も無事に終わる事を祈ってます。
私も、自分の母と義母をダブルで東京と家を行ったり来たりした事思い出した~
体に気をつけて下さいね。。
栄養ドリンク飲むんだよ、結構効くんだから(笑)

まくちゃん、調子良さそうだね~良かった良かった^^。
いつかのあわわを楽しみに、頑張ってね!!
Commented by mamamack at 2012-07-14 22:49
☆yumiyaneさん
偉くないんですよ~!
誰か代わってみてくれる人がいないかなといつも思ってる(笑)
でも、義父は93まで料理が大好きで自分で作って食べていました。
ボケない人だと思っていたんですよ。
それがあれれと思っているうちにどんどん本格的に認知症になってしまいました。
私がなんとかやっているのはおじいちゃんが97歳ということもあります。
もっともっと若かったら先の見えなさから耐え切れなくなっていたかもですよ。
認知症といっても一人一人症状もそれぞれだけれど、介護してみなければ本当の大変さは分からないですよね。
そして介護をやっていて一番いやなことは自分の嫌な面を見ることなんです。
いじわるしたりイライラしたりいなくなればいいのにと思ったり、、、そんなことです。
yumiyaneさん、お母様早くして患われて。。。ご本人も辛かったことでしょうね。
自分の母だったら看れる!と思ってしまうけれど、実際は大変な日々だったでしょう。
老人介護は自分の老い方も常に考えさせられてしまいます。
Commented by mamamack at 2012-07-14 23:05
☆shellママ
ほんとに次から次でしょ。
まっくすの目に手術が決まってから発覚したんだけど、緊急じゃなかったので様子見してました。
この年でこんなこともあるんだなぁ、って感じよ。
簡単な手術だけれど年が年だし、入院中もどうなることやら。。
今、毎日ご飯の時、入院するんだからねって教育してます。
毎回、誰が?って聞かれるけど(笑)

shellママも大変な時期が続いたよね。
でもshellママはいつもポジティブでハツラツと素敵に暮らしていたから苦労が全然見えなくて、思いやることもしなかったわ。
今さらながらごめんなさい。

栄養ドリンクねぇ。。。
だってストレス食いでポッチャリしてるよ~(;_;)

まっくすはとっても元気です!!
Commented by ばあば at 2012-07-15 21:06 x
ままま、心配事が続きますね。。
お父様の手術が無事に終わって、元気に帰って来られますように。
そして、認知症の方は進行が無い事を願って、、
大変な事が多いと思いますが、お父様が何時も明るいのは側に居るまままの力かなと思って読ませてもらっています。

文字には書ききれない苦労が多いと思いますが、
頑張りすぎずに過ごして下さい。

ポッチャリままま、、、想像出来ないなっ。
無理しないでね!
Commented by mamamack at 2012-07-15 23:41
☆ばあばさん
この年でヘルニアなんて見たこともないものだから最初はぎょっとしたよ。
色々なことがあるものね。
おじいちゃんが明るいのはね、性格ですよ~。
江戸っ子気質で明るくてさっぱりしてる。
私、結構ジトッとしてるもん。
認知症でも明るいのはいいね!
思わず笑っちゃうもん。
とはいえ、一分前のことが覚えていられない人と暮らすってかなりの忍耐が必要よ(;_;)

だからポッチャリ。
本当よ~、見に来て~!
by mamamack | 2012-07-13 00:02 | しょーちゃんのこと | Comments(6)

ままま&まっくす的 、ほにゃらら生活


by mamamack
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31