人気ブログランキング |

無事終了

それは月曜の朝に始まりました。
まぱぱが9日間の旅行に出かけるので早朝に起きて送り出しました。
久しぶりのまぱぱの不在。
グタグタ、ダラダラ、ゴロゴロ、、まくちゃんとラブラブ過ごすんだもんね~♪
と、結構嬉しいじゃありませんか、サッカーシーズンだしね。

そんなルンルンで始まった朝。
相変わらず朝ごはんを食べに来ないまっくすを呼んで、撫でたりしてたらあらら、、、右の耳が腫れています。
耳全体の半分くらいがパンパンになってます。
虫に刺されたような腫れ方じゃなくて、浮き輪に空気を入れ始めた様な膨らみ方です。
朝早かったので、PCで検索してみるとどう考えても耳血腫の症状に当てはまります。
まっくすの獣医さんは月曜が休診日。
でもこの腫れ方を見ていると翌日まで待てないなと思って電話をしてみると、やっぱり耳血腫の疑いがあるのですぐに来てくださいと言われました。
翌日だとどんどん腫れが進行するとのことで、すぐに手術が必要ですよと言われて、えっ、手術なの!?と慌てました。

すぐに獣医さんに行くとやっぱり耳血腫。
(耳血腫について詳しく知りたい方は簡単に検索で出ますのでよろしく。親切でないよね~、ごめんなさい。)
すぐに注射で耳の軟骨と皮膚の間にたまった血と体液の混じった液体を抜きました。
3,5CCでした。
月曜の処置はそれだけで、火曜の手術になりました。

そして火曜の今朝、ご飯を食べずに獣医さんへ。
昨日血を抜いて平らになった耳、今朝はすでにまた膨らんでいます。
耳血腫はアレルギーのある子に多く発症するらしく、外耳炎からや打撲、他の犬に耳を噛まれたり、、と言った原因が多いようです。
まっくすはカユカユがまあまあ落ち着いていたし、耳の調子も良くてまったく耳を掻いていなかったのでどうして急に発症したのか原因が特定できません。
以前鼓膜再生手術をしたのも右耳だし、、どうも鬼門だね。

手術は穴を4箇所開けて、耳軟骨と皮膚の間に溜まった液を抜いて、止血と耳軟骨と皮膚の間の空間を押さえるために11箇所縫いました。
更に圧迫してテーピングで補強。
これは絶対掻き毟らないようにエリザベスカラーは必須とのこと。

とりあえずまっくすは元気です。
心配だった全身麻酔も問題がなくてほっとしました。

ガッツンガッツンとエリカラをぶつけながら出てきたまっくすは、病院を勢いよく逃げ出しました。
出たところでスケボーの子供のスケボーにガウガウ!!
いやはやテーピングにエリカラのワンコがガウガウする様は。。。
まっくす、あんたおかしいよ!
by mamamack | 2010-06-15 22:58 | からだあれこれ | Comments(0)

ままま&まっくす的 、ほにゃらら生活


by mamamack
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31