「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ちょっと前向きに。

今日は吉祥寺に仕事で出掛け、地元の駅周辺や吉祥寺周辺人が出ていて、しかも先週までの何かに急かされるような歩き方ではなくて休日を外に出かけて楽しんでいる雰囲気があって嬉しくなりました。
店舗には品物も増えてきたような気がします。

普通に暮らすこと、これはとっても大事なことだよね。
被災地以外ではちゃんと働いて消費活動をして生産をして経済を円滑に動かす。
これをしないと日本の経済が疲弊してしまって被災地支援どころじゃなってしまうのが心配だったもの。
でも日本人も捨てたものではないなと一人悦に入ってます。
平和ボケのような何事にも無関心なような厭世的ムードが気になっていた昨今だけど、今回の災害でみんな被害者を思い、自分ができることは何かと考える。
外交ベタで近隣諸国からいいようにいじられているような気分にもなっていたけど、世界中から支援の声が上がっている。
なんだか日本が日本人が試されているような気がするね。
いままで戦後も阪神淡路島大災害後も驚異的な復興を遂げたけれど今回だって諦めない。
ってあきらめるなんて出来ないよね。

まだ福島原発では緊張状態が続いているけれど、日本中ががんばれがんばれと見守っています。
どうか踏ん張って欲しい!
第一線で活動している人たちへの感謝の気持ちは言葉になりませんね。
色々情報が錯綜する中、だったら政府発表を信じるしかないと腹を決めています。
だから正しく詳しい情報を願うばかりです。

さて、本日午前中に我が実家にもやっと電気が開通しました。
10日にもわたる電気のない生活というのはいかばかりのものだったのでしょう。
蛍光灯がついた瞬間、家族みんなで拍手をしたそうです。
そして固定電話も通じやっと両親の声も聞くことが出来ました!
姉から携帯電話で両親の具合がわるいと聞いて心配していたんだけれど元気な声で安心しました。
血圧もかなり高くて心配だったけれど、電気もついて情報も入ってきてそれだけでも元気になれるんですよね。
嬉しくて先程もまた電話してみたらまだ起きてました(笑)
停電中は明るいうちに夕食を食べ早い時間に布団に入って寒さをしのいでいたそうです。
テレビがケーブルテレビに加入していたのでその基地が壊れてしまって映らないそうで。。。
まだアナログのテレビがあるのでそちらで試してみると言ってましたが、、、
こういう時はなんでもシンプルな方がいいのね。
市ガスの再開の予定がまだまだ未定のようですが、なんとか頑張れるそうです。
こういう時、地方の近隣の繋がりと団結力は素晴らしいですよね。

ゆっくり話をしてみると、結局実家は地震の被害は玄関先の燈籠が転がり落ちたことと、グラスが2個割れただけだそうです。
もちろん地震での被害が大きかった家もたくさんあるものの決定的だったのは津波の被害。
津波が届いた場所とまぬがれた場所での明暗がくっきり分かれてしまったようです。
津波の後は本当に何も残らないのです。
それはそれは言葉に出来ないほどの惨状で、これからは消毒を急がないと感染症が心配になって来る時期です。
津波は下水やら汚物やら魚の死骸やら汚泥となって町を覆い尽くすのでその後が大変なのです。
1960年のチリ地震津波を小さいながら覚えている私です。
でも今回は誰にとっても想定外だったようです。

親戚で行方不明の人も出てしまいました。
まだなんとなく気持ち的には落ち着かないけれど、普通の生活に戻しましょう。
私もまっくすも精神的安定が必要なようです。
[PR]
by mamamack | 2011-03-21 23:43 | みなと気仙沼 | Comments(4)

心に響くね。

ロンドン在住のバイオリニスト葉加瀬太郎さんがBBCの朝のモーニングニュースに出演した映像です。

今週末に4月からの日本でコンサートの為に帰国するそうなのですが、ロンドンで帰国前にどうしてもチャリティー活動をしたいとの事で、百貨店フォートナムメイソンやロンドン三越、ケンジントン・チャーチやセント・パンクラス駅でチャリティー演奏をしたそうです。
奥様の高田万由子さんも一緒です。



こちらはユーロスターの発着駅、セントパンクラス駅でのチャリティー演奏の様子です。
募金してくださる方のなんと多いことか!!



私は クライズラー&カンパニー時代のコンサートに行ったことがありますが、大好きなミュージシャンです。
バイオリニストとしてバイオリンで出来ることを!と即実行したようです。
こういう応援、感動します。
[PR]
by mamamack | 2011-03-18 23:47 | みなと気仙沼 | Comments(8)

日本はあきらめない。。

地震、津波、続いて原発の事故、、、三重苦の災害に日本中が凍り付いているような気がします。
今出来ること、、、パニックにならず冷静な行動が必要なんだよね。

東京も様々な情報が飛び交っています。
電話やメールで受けた情報もあえて私は止めています。
小さな不安からの行動が集団パニックに向かっていくのが今一番心配。

でもね、気持ちをちょっとリラックスさせるとたくさんのいい事が見えてくる。
とっても涙もろくなっているおばさんままま。
日本中の援助の手、海外からの援助の手、実際の援助がなかなか被災地に届かずもどかしい思いでしたが、少しづつ少しづつ良い方向に向かっています。

世界中の人が日本中の人が祈ってくれていて、、、
私自身が被災しているわけじゃないのに私のことまで大勢の方に心配していただいて、、、
たくさんの人のブログで感動して、、、
とにかく私は元気に明るく自分の出来ることで応援していきたい。
普段なかなか連絡をして来なくて薄情者、、、と思っていたロンドンのまくにぃも心配して毎日電話をくれます。
そしてまくにぃのブログの記事タイトル、日本はあきらめない。。。この言葉が私の気持ちを強くさせています。

ランダムではありますが今の私の幸せの報告をさせて下さい。

☆実家の姉からメールが届きました。
全文です。
 ー心配しているだろうとは思っていたけれど何しろ連絡の手段がありませんでした。
  気仙沼の悲惨さは言葉にできませんが我が家は高台だったお陰で本当に申し訳ないくらい無事なのでライフラインが不自由なくらいなんでもありません。●●おばちゃんはうちに避難しています。ー

☆心配していた親友から電話が来ました。
彼女の家は魚市場前だったので家が流されたのは確実でした。
小さい頃から遊びに行っては隠れんぼした大きな家、いまだに帰省するたびに顔を出していた家が目に浮かびます。
無事に避難できたのか毎日毎日メールにメッセージを送り続けていました。
昨夜防災センターの移動中継所からの携帯電話で声を聞いて大泣きしてしまいました。
間一髪のところだったそうです。

☆在京の友達の一人は今流されているというメールを甥から受け取って以来心配し続けていました。
私も胸が潰されそうな思いで彼女を励ましていました。
無事だったと連絡がやっと付いたそうです、よかったよかった。

☆在京の友達の一人は気仙沼の老人ホームに入居中のお母さんの安否が分かりませんでした。
やっと情報がつかめて友達の弟さんが会いに行ってきたそうです。
ベッドのまま首まで水につかって助けられたそうです。
その際骨折して病院に運ばれたそう。
友達は入院できただけでも安心と言っていました。よかったよかった。

インフラ修復が少しづつ進んで、こんな連絡も入ってくるようになり悲惨な状況下でも無事の知らせが一番ほっとします。
無事を確認するくらいでゆっくり話すこともできないけれど、明日はもっと良くなるね。

なかなか有益なサイトを紹介する余裕もありませんが、みなさんからの情報に感謝しています。
shellママが教えてくださってこちらのサイトは情報量と信頼性、動作のよさが役立っています。
私も情報を提供できました。

募金の方法もたくさんありすぎて迷うところです。
オットは昨日銀行でしてきたそうですが、私は直接気仙沼市への募金をする予定。
無理なく気軽にという点では各種ポイントをという方法もあるそうです。
ekoさんはJALとANAのマイレージを募金という方法を紹介してくださいました。
調べたらANAのポイントがあったので活用します。

被災地が広域すぎるのでポイントを絞って探すと情報量が増えます。
私はmixiのコミュニティサイトで気仙沼の情報を得ています。
地域ごとの情報量が多くて助かります。

明日は三陸地方の寒さも和らぐようです。
少しでも被災者の環境が向上していきますように。

大丈夫大丈夫。
日本はあきらめない!
[PR]
by mamamack | 2011-03-18 15:38 | みなと気仙沼 | Comments(2)

ふるさと・いま

まっくすに散歩させてあげる時間の他、ほぼテレビの前で過ごした数日間。
よく眠れなかった上に群発的に発生する余震や新しい震源地の地震。
じっとしていても揺れているような気がして気持ちが悪くなります。
テレビやパソの見過ぎと、悲惨な映像を見ては泣けてきて、挙句には頭と目の奥がジンジンと痛くなって具合が悪くなってくる始末。

とはいえ、食べて生活して元気でいなければならないのも現実。
こうしてばかりではいられないと現実になるとスーパーには必需品はなく、ガソリンスタンドは売り切れか長蛇の列。
最初は何が何だか分かりませんでした。

最初はスーパーの方に聞いてしまいましたよ。
北海道と東北からの品物が入らないからだと。。
次の日は停電によって工場が止まっているからと。。
そして原発被害の拡散で外に出られなくなるから買いだめだと。。
首都圏でこういう現象が起きてしまったらもう止まりませんね。
もちろん私だってあるものだけでも買わなきゃいけないなと思ってしまうのです。
家族を支える主婦として大いに理解できる心理です。
でもそんなに買いためたところで数日もったところでどうなるのでしょう。
流通が今後どんな形に落ち着くのか見極められるまで、ちょっとの間、あるものを食べて過ごす、買えるもので工夫して過ごす、そんなところもある意味小さな支援かな。
だって本当になくならないんだもの。

ガソリンは我が家から一番近いセルフスタンドの行列の長さを見てびっくりして近所を走り回ったらどこも売り切れ。
結局最初のスタンドに戻って並んで満タンにしました。
これも流通にガソリンが回らないという現象が起きている中、心苦しいことです。
原発の被害が拡散したときに備えて逃げ出すために満タンにしておくと言っている人がいてかなり驚きました。
でもそれも人の気持ちなのかな。
それでもみんな被災地を心配してくれている。。。色々な気持ちが分かる今日この頃。

私は車を満タンに準備して、赤ん坊のためにオムツを、インフラの全く回復予定のない実家にガスボンベやら乾電池やらインスタント食品やら買い込み、出来たら年老いた両親だけでも東京に連れて帰りたい、行ける状況になったら行くぞ~!とオットと息子と決心していたのです。
なのになのに、欲しい物は何も無いのね。
なんにも役立つことがしてあげられないね。
困ったな。
そして現実は道路状況は行ける状態になく、ガソリンも帰りの分はないも同然なのです。

とっても自分の故郷、自分の家族のことばかり考えているようだけれど違うのです。
みんなが心配、美しかった東北が心配。
でも、たくさんの支援に喜び、私の出来ることは私のふるさと支援と割り切ることにしました。

気仙沼及び近隣の南三陸地方は、被災以前から陸の孤島と呼ばれている土地です。
幹線道路が極端に少ないのです。
今回の災害でその道路が寸断されているので支援物資も届きにくいのが容易に想像できます。
被災地が広域すぎるんだよね。
今日現在の映像でも、避難所でさえ十分な食料はないようです。
ある意味支援を受けられない自宅での被災者もまた心配なのです。
ちゃんと食べられているのかなぁ。。。
今日、故郷は最低気温マイナス2度、最高気温6度の雪模様です。
明日はもっと寒くなると厳しい予報が出ました。
みんなみんな疲れている中、風邪を引いたり体調を崩したりしませんように。

そんな中でも嬉しいこともありました。
釜石の一人暮らしの叔父の無事が息子である従兄弟への連絡で分かりました。
心配していた気仙沼の親戚の一人の従姉妹のご主人が避難所でテレビに映りました。
やっぱり無事を喜べることが一番嬉しいですね。
[PR]
by mamamack | 2011-03-16 22:49 | みなと気仙沼 | Comments(5)

地震Ⅲ

今日もテレビの報道番組を観て過ごすしか出来ませんでした。
救出作業が本格的になってきたことに安堵しつつも、明らかになっていく被害規模の悲惨さにため息ばかりです。

*私の家族を心配してくださっている皆様へ。
昨日の朝、仙台に住む実家の甥が連絡の付かない気仙沼の実家に安否を確かめに行ってくると電話をくれました。
道路事情もあるし二次災害にも気をつけてくれぐれも無理をしないようにと伝えましたが、それ以降甥との連絡も出来ない状態になりました。
今日の夕方に、通信状態の良い仙台に戻って連絡が来ました。
実際、甥もガソリンの確保など相当苦労しながら行ってくれたようですが感謝です。

実家は家族全員揃って元気でした。
年老いた両親に1歳の誕生日を迎えたばかりの甥の娘まで4世代同居ですが両親だけの暮らしでないことが本当に良かったです。
被災地でありながら家も全く被害がなかったということで驚きました。
もちろん不自由な事だらけではありますが、家族揃って自宅で過ごせていることに安堵しました。
しかし周りの悲惨な状況に甥は悲しくなって見られなかったと。。。

精神的に辛い二日間でした。
あまりにも多い被災者のことを思うと喜んでいるのは申し訳のないことのような気持ちになります。
それでもこうして無事を確認できたことを報告させてくださいね。

まだまだ親戚、知人、友人の安否が気遣われますが、きっと大丈夫と気を強く持って連絡を待ちたいと思います。
[PR]
by mamamack | 2011-03-13 23:54 | みなと気仙沼 | Comments(9)

地震Ⅱ

皆様、地震お見舞いのコメントありがとうございます。
こんな未曽有の災害の中、広域に渡る被災地の中、私の実家の事までお気にかけて下さり、心配して下さり、有難くてまた泣きました。

昨夜は暗闇に広がる大火災の私の故郷の大空襲かと思わせられるような映像を見てから眠れなくなってしまいました。
今朝は早朝から明るくなるに連れて被害状況が明らかになってきました。
呆然と一日テレビの前で過ごすことしか出来ませんでした。
あそこもここもと見知った土地の変わり果てた映像はなんともたとえようのない悲しみです。
今も胸がいっぱいながらブログを書いて気を紛らわせようとしています。

なんと言ったらいいのでしょうね。
私の故郷気仙沼。
三陸海岸国立公園のリアス式海岸線の美しい町です。
そして大昔から津波に苦しめられてきた町でもあります。
私たちは小さい頃から地震イコール津波と教育されて育ちました。
想像もできないくらいの高波、それでもみんな高台に逃げてくれたことを祈るばかりです。

親戚、知人、友人、誰一人連絡はつきません。
実家の姉とは地震後の夕方にやっとメールで無事を確認しました。
が、その後今にいたるまで一切連絡が取れません。
昨夜からの大火があちこちに発生する映像を見ながら心配で心配でたまりません。
我が家は高台で眼下に海に流れ込む川が見えるのですが、メールではボロロッカ現象で川の水が逆流して氾濫しているのが見えると書いてありました。
きっと無事であるはずと信じるだけです。

今日は在京の同級生の友達同士連絡を取り合いましたが、皆状況は同じでニュース速報で情報を得るしか方法はないようです。
現地はインフラの復旧の見通しも立たずどれだけ情報が得られているのだろうかと思います。
暖かい部屋の中でテレビのニュースを観ている私のほうが全体像がつかめているのだろうなと思うとまた涙が出ます。

それにしても刻々判明していく被害状況の悲惨さには目を覆うばかりです。
まるでありえない災害物の映画のような、、でも現実に起きてしまったのですね。
気仙沼の北に隣接する陸前高田市、南に隣接する南三陸町、、、、延々と続くのどかな海岸線が目に浮かびます。
まだまだ復興の事まで思い至ることが出来ません。
今はただ行方不明の方が早く見つかりますように、被災された方々に暖まれる場所と食べ物が届きますようにと切に祈るばかりです。
[PR]
by mamamack | 2011-03-12 23:12 | みなと気仙沼 | Comments(1)

地震

大きな地震でした。
日本で過去最大級の地震だそうです。
しかも太平洋沿岸に沿ってかなり広範囲被災しています。

東京もかなり揺れました!
丁度、ワイドショーで石原慎太郎の都知事選出馬表明のニュースを見ている時でした。
長い揺れがだんだん強さを増し、余震を含めて何度も揺れました。
我が家は少々CDが散乱したり飾り物が落下したりグラスが一個割れました。
もともと地震嫌いのまっくすはパニックになり抱いて欲しくて追いすがります。
声をかけながら家具を押さえてみたり、落ち着いているようでも何をしたらいいのか分からないものですね。
その後は震えるまっくすを抱きながらニュース速報にかじりついているわけです。
まだ時々揺れていますね。

そして宮城県北の私の実家にはいまだに電話が通じません。
夕方にやっとメールが通じましたが、家族全員無事の報告にホッとしました。
しかし電気、水道のインフラは修復の見込みは全く無くて、暗くて寒い余震に怯える夜になりそうです。
幸いなことに実家は地盤の固い高台にあるので津波の心配は全くないのですが、私のふるさとは大変なことになっています。
港町周辺のたくさんの友達はどうしているのでしょう。
通じない電話を何度も試しながら心配しています。
ニュースで近隣の大船渡市の映像が繰り返し流されるのを見ながら、なんとも胸が痛みます。
まだまだ被害の全容は見えていません。
というか、まだまだ余震もあるし大津波警報も継続したままです。
刻々流れるニュース速報も被害の想像を越える大きさを伝えるばかり。
ほんとうに心配でたまりません。

どうかどうか被害がこれ以上大きくなりませんように。
そして被災された方に心からお見舞い申し上げます。

☆今、故郷の大火事の映像が流されました。
痛ましくて痛ましくて泣けてきます。
[PR]
by mamamack | 2011-03-11 23:09 | みなと気仙沼 | Comments(13)
昨日まっくすは眼科専門病院へ白内障の検査をしに行ってきました。
結果、左目の視力は全くなし、右目は明るい場所で物の輪郭がぼんやりと見えるかどうかぐらいの視力、要するに殆ど見えていない状態という診断でした。

うーん、何から書いたらいいのでしょうね。
さみしい気持ちやら悲しい気持ちやらがんばるぞーな気持ちやら色々入り交じってちょっとまとまりがないかもしれません。

まっくすが最初に白内障と診断されたのが丁度3年前。
立派な老齢性の白内障の始まりでした。
これは私が気がついたのではなく、かかりつけの獣医さんがちょっと瞳孔の収縮が悪いので眼科の専門医で診ていただいたら、と勧められたからでした。
その時の事はこちらこちらに書いてあるとおりです。

白内障になったら目薬や飲み薬では治りません、手術しか方法はありません、と言う事で進行しませんようにと祈るような気持ちで過ごしてきたわけです。
常に目の白濁の進行度合いは気になって覗き込んだりしてはいました。
とは言え元気に過ごしていると、心の片隅で心配はしているものの結構楽観しているものですね。

もしかしたらまっくすの白内障はかなり進んだんじゃないかなと私が気になり始めたのは最近のことです。
でも実は徐々に進行していたんですね。
犬は見えにくいと訴えることもないので本当に見えなくなるまで飼い主は気が付きにくいものだそうです。
そして見えなくなってうろたえてしまうのです(これは私のことですからね)
私としては、先生のご意見(あくまで老化現象なので飼い方が悪いとか言う問題ではないこと、とにかく薬などというものはない、気休めに進行を遅らせるなどという薬は出さない、見えなくなったら手術可能な年齢だったらそれしかない)がとてももっともなことだと受け入れていたのです。

なんか最近のまっくすは変だな、と思ったのはある日を境に階段を降りなくなったのです。
登るけど降りない、、、最初は甘えちゃって~と思って放っておいたら頑として降りない、おやつで誘導しても降りない。
あら?と思って、おやつダイレクトキャッチテストをしました。
これは小さいおやつ(ボーロのような)をまっくす目がけて投げるとそれはそれは上手にキャッチするのが得意なのです。
放物線を描いて投げてもキャッチするし、顔めがけてストレートに投げても十発九中凄い早業で
食いしん坊ならではの技だねといつも感心しながら、これは視力の検査にぴったりと思っていたものです。
で、おやつテストをしたら全部外すのです。
頭の上をおやつが飛んでいくのを目で追うことも出来ないのです。
愕然としました。
悲しいものです。
予想していたより悲しいものです。
もちろん立ち直れます、頑張れます、でも悲しいのです今は。

今になって思えば、日中は殆ど寝て過ごすことや運動量が落ちたことも全て年齢のせいにしていたけれど見えにくくなってきていたことも関係があるのでしょうね。
ふらふらと歩き散歩も老犬みたいって笑っちゃったけどごめんね。
でも少しでも見えている状態と殆ど見えないという境界線は大きな隔たりがあります。
まっくすは超えちゃった。。。

今後のことを含めて長くなるので今日はここまでだわ。

d0050290_0101361.jpg

[PR]
by mamamack | 2011-03-10 23:18 | まっくすの目のこと | Comments(7)

そんなぁ~~。。

昨夜、まっくすをあちこちいじくり廻していたんです。

そしたらば、左足のなんと言ったらいいんでしょう。。。
人間で言えば足首というかアキレス腱の辺りというか(先生に足首って言ったら笑われたけど)腫れているんです。
ケガとか炎症で腫れているという感じじゃなくて、水とか血液とかぽてっと詰まっている感じ。
あらま、気がつかなかったけどどうしたんでしょう。
散歩だって普通に行っていたし。。。
でもかなり気になる大きさで腫れているんです。
気休めだけど消毒して抗生剤入の軟膏を塗って寝ました。
こんな感じなの。
d0050290_22524096.jpg


同じ向きじゃないから分かりにくいけど右足と比べるとこんな感じ。
d0050290_2254298.jpg

今朝見たら腫れは引いていません。
獣医さんに電話したら夕方に予約を入れてくれました。

生検してみたら脂肪腫とのこと。
あらま。。。出来易いんだね。
去年の初夏に首の脂肪腫取ったばかりなのに。。。そんなぁ。。。
しかしどうして気がつかなかったんだろう。

首の脂肪腫は結局耳血腫の手術のついでに取ったけど、様子見で緊急ではなかったのですよ。
結果的にはかなり大きくなっていたし年齢的にも取って正解だったのでしょうね。

今回のはこんな場所に出来た子は初めてと先生がおっしゃったけどかなり珍しいようです。
そして首とか体と違って皮膚に余裕のない場所で、浸潤性が疑われるので取ったほうが良いと言われるのです。
これ以上大きくなると歩行にも影響が出るし腱や血管を圧迫して血流が悪くなるかもと。。。
でもまあ、これは脂肪腫だからある意味良かったです。
電話で症状を話したとき、先生はガンの可能性の方を心配なさったようですから。

一応家族と相談してきますと言って帰ってきたんだけど。。
オットは取るしかないでしょと言うけど。。

実は明日は別件で専門医で検査予定が入っているまくぼん。
何から考えたらいいのやら、嫌になっちゃうね。
[PR]
by mamamack | 2011-03-08 23:07 | からだあれこれ | Comments(5)

クリスマスローズ

咲く花の、薫うがごとく今盛りなり。。

d0050290_23353429.jpg
d0050290_2336532.jpg

[PR]
by mamamack | 2011-03-06 23:36 | お花のこと | Comments(4)

ままま&まっくす的 、ほにゃらら生活


by mamamack
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30