カテゴリ:古いもの( 11 )

断捨離ー写真編

少しづつ断捨離を進めていく中でも
やらなければいけないのになかなか手が付けられないもの、、、写真(^-^;

屋根裏部屋にドガンと並んでいるアルバム
引き出しのあちこちに少しづつ散らばっている写真
思い切ってぜーんぶ和室に運びこみました

考えてみると高度成長期に合わせて各家庭でカメラを買い
子供の成長とともに家庭で写真を撮りまくり
表紙に”○○ちゃんのおいたち”とか”○○ちゃんの思い出”とか書かれた分厚いアルバムに挟み込んで。。。
そんな分厚くて重いアルバムがたくさんあるのです
まさにデジタル以前のそんな世代

和室に積まれた山のようなアルバムを前に引っ込みがつかず
というか引っ込みがつかないように自分を追い込んで整理を始めました
これは残された人が困るもの

まずポケット式のアルバムを買って分厚いアルバムから不要な写真を捨てながら入れ直し
家族分わける用だったり時列を入れ替えたり
あちらを開いたりこちらを開いたりかなり頭がうにうに、、、
かなり根気と時間がいりますよ
しかし子供の写真はなかなか捨てられないものね

これでもだいぶ先が見えてきました
飽きてきたけど部屋が片付かないので頑張ります
数年ごとにまだ減らして行けそうです

d0050290_23571997.jpg


次はスキャナーを買ってきて大量のフィルム整理にとりかからねば!

でもねこんなことでもなければ写真なんて見ないもの
今度は屋根裏ではなくもうちょっと手に取りやすいところに置こうとは思うけれど、、、どうしましょ
とにかく時間のかかる写真整理
思い出に浸りながらだから進まないこと!
こんなの見ちゃうとね(*´▽`*)

d0050290_035142.jpg

[PR]
by mamamack | 2016-04-18 00:04 | 古いもの | Comments(0)

あ~捨てられない!

私の断捨離年間
思い出したように続いてはおりますが。。。
これはもうライフワークのようなもの??

本格的に冬衣料の入れ替え完了したけれど
捨てられない物用コンテナボックス開けては眺め
ふーむ、、、と

例えば母がチビまくにぃに編んでくれたセーター

よく見れば袖口やらにシミがあったりするものの。。。
やっぱり捨てられない

私の癒しにまだ取っておくしかないわ

d0050290_23251928.jpg

[PR]
by mamamack | 2014-11-19 23:25 | 古いもの | Comments(0)

ああ綺麗。。。

フランスに行って来たお友達。
お土産はアンティーク。
リモージュのピルケースです♪

アンティークに目利きの彼女の選んでくれた逸品。
金具も可愛らしく、手書きの絵の細密さ!
眺めているだけでうっとりします。

d0050290_22315381.jpg


d0050290_2232171.jpg


私がアンティークに惹かれることの一つに、手書きの絵付けの素晴らしさにあります。
そういうものが手元で眺められる楽しさ。
これは皮肉なことに昔の職人の賃金があまりにも低かったことにも由来するのですよね。
仕事を求めて画家なども絵付けをしたりしています。
それを考えるだけでも現代の労働条件の下での絵師による手書きの物はかなりの高価なものになってしまうのもうなずけます。

お写真を撮ったついでに、一つ見せちゃお♪
これはアンティークのドレスデンです。
金彩のレース柄と鮮やかな花柄がドレスデンらしいです。
これは薄くて恐いの、、、まだ使ってません(笑)

d0050290_224831100.jpg

[PR]
by mamamack | 2010-07-12 22:48 | 古いもの | Comments(4)

アイスクリームグラス

雑貨や古いものが大好きです。
でも雑貨はあまり買わなくなったな~。
雑貨だらけになって収拾がつかなくなっちゃうんだもん。
アンティークなものは収集家じゃないけどつかえるものをボチボチとね。

好きなものを身の回りに置いて幸せな気分になるわけです。
でも、収集家じゃないから夢中になって捜し求めるってことじゃなくて、なんとなく出会ったときに気に入って買う、というパターンです。

しかしながらですね、アンティークなものに出会ったとき、多少なりの知識が必要なわけで。。。
いやいや、気に入れば知識は必要ないのかもしれませんね。
でも知識があったほうが楽しいのね。
以前、一年間アンティーク講座を受講して、歴史を知ることも楽しかったです。

で、最近ぼ~っとネットサーフィンしながらアンティークショップを覗いたりしちゃうのですよ。
結構、見ることが勉強になるの。
へぇ~、とか、はぁ~とか思いながら結構ぼ~っとするには最適であります。
でもネットで注文するなんて有り得ないでしょ、私的にはね。

ところが、コッツウォルズの雑貨系のアンティークショップを眺めていたら思わずポチッとしてしまいましたのさ。
サイトの感じのよさと、オーナーさんが日本人というところに安心感があったのかな。
まあ、これも今時の出会いということなのでしょうか、そうしましょう♪

どんな状態で送られてくるのか心配だったので、リーズナブルなものです。
縁があってイギリスからやってきたビンテージアイスクリームカップ、3個です♪
可愛いでしょう。

あらら、、、写真がイマイチでした。
きちんと良さが出ていないなぁ。。。
今度撮りなおしです(^^ゞ

d0050290_024599.jpg
d0050290_0242113.jpg
d0050290_0243521.jpg

[PR]
by mamamack | 2010-03-20 00:24 | 古いもの | Comments(12)

おしゃべり♪

お隣の奥さまがお茶に呼んで下さいました。

アンティークショップをなさっていらっしゃるので、いつもお宅の中をジロジロと、うっとりと眺めさせていただきます。
今日のお茶のセッティングは、リモージュとノリタケでした。
素敵です!!
う~ん、、ロンドンアンティーク買い付けツアー。
実現させて欲しいもだのだわ、いつか。。。いつか。。。

午後いっぱい、おしゃべりに花を咲かせましたよ。
たまにはいいね♪

d0050290_23435794.jpg

[PR]
by mamamack | 2009-11-13 23:36 | 古いもの | Comments(4)

ガラスの小皿

近所の新井薬師寺の境内で、第一日曜日に骨董市が開かれています。
近くだからいつでも行けるってなかなか行かなかったりもしますが楽しいところです。
まっくすとの散歩でも通りかかったりするけれど、当然ながら遠目に見るだけになっちゃいます。

久しぶりに友達と誘い合わせてのんびり覗きに行ってきました。
雨の合間のとってもよい天気の日曜でした。

d0050290_23535436.jpg


骨董もね、見続けているといいなと思うものはお高いのですよ。
アタリマエだね。
でもね、私のように見る目が養われていない人が先に値段を見ちゃうと駄目です。
高いと良く見えてくる(爆)
本当は手ごろな値段で掘り出し物を見つけるというのも楽しみの一つなんだろうけど、都会の骨董商が集まったこういう市では無理なんだろうね。
でも、お友達や骨董商のおじさんのお話を聴きながら覗き歩くのは楽しみの一つです。

何となく何も買わないで帰るのも寂しいなって思って買ったのがコレ。

d0050290_041548.jpg


長崎平戸のガラスのレース模様の小皿。
ヨーロッパに輸出されたものです。
とっても綺麗なブルーです。
いわゆる里帰りですね。
JAPANの刻印があります。
どんな変遷を経て私の元にきたのでしょうね。

さて、中途半端なサイズです、、、どんな使い方をしたらいいでしょうか。
そんなことを考えるのも楽しいけれど。。

d0050290_041232.jpg

[PR]
by mamamack | 2009-10-04 23:58 | 古いもの | Comments(2)

WEDGEWOOD

年明け早々イギリスのウエッジウッドの経営破たんのニュースが流れましたね。
イギリス経済不況の深刻さに少々ショックです。
ウエッジウッドのような伝統のある会社ですもの、買い手が見つかることを楽観視していますが、、、、頑張れ!

特にファンと言うわけでもありませんが、それにしてもウエッジウッドのような伝統のあるブランドは簡単につぶれてもらっては困ります。
ヨーロッパの磁器の窯は、主に王家の庇護の下に発展してきました。
フランスのセーブル窯はルイ王朝から常に官立ですし、ドイツのマイセンもしかり。
ベルリンKPMは王立磁器工場と言う意味ですし。
その中にあって、イギリスの窯はもともとの民間窯が王室御用達の認定を戴くと言う形で発展してきました。
御用達を戴いて、頭にロイヤルという文字を入れているメーカーが多いですね。
お茶の文化が発達しているイギリスならではで、窯元もたくさん出来たんですね。

ウエッジウッドももちろんイギリス王室御用達です。
1750年代に創業以来、ウエッジウッド家は歴史上の有名人もたくさん輩出しています。
創業者ジョナサンの長男は王立園芸協会(キューガーデン)の創設者だったり、孫には種の起源を発表したダーウィン。
自然をモチーフにした絵柄が多いのもうなずけます。
特にアンティークものは素晴らしいです。

ウエッジウッドは大手メーカーなので、お持ちの方もたくさんいらっしゃるでしょう。
私の初ウエッジウッドは、子供が赤ちゃんのときに買ったピーターラビットシリーズです♪

4年前にロンドンに行ったとき、ノッティングヒルのポートベローでアンティークを眺めていて、ウエッジウッドの昆虫柄のコンポートつきのティーセットを見つけました。
とっても気に入って、悩んで、、、でも旅の始まりだったので他のショップ巡りも予定していたし、私にとって勇気のいる値段だったので保留にしました。
ショップオーナーが、決心が付いたら電話してくれたら送ってあげるよとカードをくださいました。

まさにその日ホテルに戻ると日本から電話が入っていて、日本の自宅に泥棒が入ったんです。
もう数年たったので今だから打ち明けられる話ですね(笑)
当時はショックで、アンティークなんて浮かれている場合じゃないと落ち込んだんですよ。
結局開き直って、コッツウォルズでリーズナブルなアンティークを何個か買ってきたんですが。
あのウエッジウッドのセットが未だに目に浮かびます。

しかし頭にきますよ、我が家にとっては多大な被害をもたらしたにっくき泥棒め!!
思い出すだけで気持ちが悪いです。
その後防犯ガラスに取り替えたり、その他秘密の対策とってます(笑)
しかも500円玉貯金していた缶がいまだに悔しいっ(爆)

とウエッジウッド破綻のニュースでいろいろなことを思い出したのでありました。
それにしても我おにぃ、不況ロンドンで生き延びてくれ~~~!
[PR]
by mamamack | 2009-01-07 15:37 | 古いもの | Comments(8)

〆の記事は。。

毎月21日は東寺の境内で骨董市が開かれます。

露天が一杯出ていてお祭りのような賑やかさだけど、骨董のお店は想像していたよりかなり少ないのね。
ちょっとがっかりだけど、お友達に色々教わりながら冷やかしたり値切ったりと楽しかったです。
前日に骨董通りのお店でかなり良いものを見たので参考になりました。

d0050290_23522994.jpg
d0050290_23524811.jpg


こんな子は、やっぱり目に飛び込んでくるよね~。

d0050290_23532888.jpg


京都は北の奥のほうは紅葉真っ盛りだったようですが、市内はちょいと早かったです。
東寺も紅葉見頃まであと一歩。

d0050290_2357834.jpg


やっぱり骨董通りのお店のほうが素敵なものがたくさんありますね。

d0050290_23584552.jpg


d0050290_2359819.jpg


あまりにもひと気のないところばかり歩いたので、清水寺に人を見に行きました♪
夕方だったのですぐに日没。
清水寺も夕方からライトアップ。
最近はライトアップするお寺さんが増えてきたそうです。

d0050290_041165.jpg


d0050290_04288.jpg


d0050290_044582.jpg


清水から乗ったタクシーの運転手さん、渋滞を避けるためにミステリーツアーでいいですか?と言うのでお任せしました。
そしたら、ここがサスペンス通りですと。。。
故山村美沙さんのお宅の前で車から降ろされました。
はい、写真とって~って(笑)

d0050290_0263869.jpg


d0050290_029229.jpg


4人で動くにはタクシーがとても便利で何度も乗ったけど。。
いやぁ。。京都の運転手さんって楽しい人が多いね!

ということで、怒涛の二日間でしたけど、と~っても楽しかった。
これがオットとのお出かけだとこうはいかないのですわ。
また食べるの?
まだ買うの?となりますもんね(笑)

江戸時代から連れ帰った陶器達見てください。
私はもちろん使うために買います。

d0050290_0171311.jpg
d0050290_0173234.jpg

[PR]
by mamamack | 2008-11-29 00:15 | 古いもの | Comments(16)

お年玉

近所の新井薬師寺の境内で、月に一回骨董市が開かれます。

お散歩で通りかかったついでに覗いてみました。
骨董も機会があるときに見ておかないとなかなか目が肥えません。

で、衝動買いです。
言い訳は、自分へのお年玉♪

もちろんリーズナブルなお値段のもの。
お高いのは買えないということもあるけど、私は普段使いにするものだけ買います。
これは、幕末の手書きの平小鉢。
景色が緻密ではないけど、状態がいいことと大きさが気に入りました。

骨董屋のおじさんも、寒いからおまけするよ、と言ってくれて交渉成立(笑)
こういう衝動買いは楽しい。

d0050290_231141100.jpg


d0050290_23115593.jpg

[PR]
by mamamack | 2008-01-13 23:12 | 古いもの | Comments(10)

ちょっと昔話

ワタクシ、3人姉妹の真ん中でございます。
昔々、かなり小さい頃、私の遊びというと男の子と外で駆け回っておりました。
日が暮れるまで遊びまわって、およそ女の子らしからぬ汚い子でした。
反面、姉と妹はいわゆる普通の女の子。
おうちの中で、おままごと、着せ替え人形、ぬりえ、おはじき、、、、と、仲良く遊んでおりました。

男のような私も、ほんのほんのたまはそんな遊びがしたくなったりしました。
なにしろ雨の日なんかは退屈です。
でも3人っていうのは難しいんだよね。
姉と妹の世界に割り込むのに、私は結構腕力行使したよな~。。

当時はゲームなんてないもんね。
結構ごっこ遊びが一般的でした。
それでお嫁さんごっこなんかもしたのね。
その時、母に怒られながら何度か使ったのがこれ。
母が結婚式で使った、べっ甲のかんざし、ハコセコ、末廣です。
桐の箱に入って、東京の老舗デパートの名前が入ってます。
子供心にだまって使うのにドキドキしたっけ。
女の子って大事なもの、綺麗なものをしまってあるところ、よく分かっているのよね!

数年前実家の納戸で発見して懐かしくなりました。
そしてかんざしの精巧な細工や、ハコセコの刺繍、、、、大きくなってみても綺麗だな。
そしてもうアンティークに片足入っているよね。
母の結婚式の着物は妹がお色直しに着たっけ。
今、またそういうのが流行ってきているそうですけど。

結局、母に頼んでもらってきたの。
それから、我が家の屋根裏に数年。。。。
思い出して、夫に額装してもらいました。
正面のアクリル板はスライドするのでいつでも開けられます。
夫の木工趣味で思い出の品が日の目を見ました♪
d0050290_2150981.jpg

[PR]
by mamamack | 2006-06-28 21:20 | 古いもの | Comments(5)

ままま&まっくす的 、ほにゃらら生活


by mamamack
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31