16歳の通院記録ーその3 11/12

初めて行った獣医さんで癌かもなんで言われたもので少しアタフタしてしまい
帰ってから肛門周囲腺癌なんてネットで調べ始めればドツボにハマるわけで
先生は悪性だった場合の話の方を説明するわけだから余計にね
調べるのに飽きた頃に結果が出てから考えようと我に帰るわけですよ

一週間後に先生から検査結果が出ましたと電話がありました
白とも黒とも言えず最終的には取ったものを生検しなければはっきりしないとのことでした
初回は何か慣れない病院でアタフタしたせいか
帰ってから明細を見ると院内細胞診もして更に外部検査に出しているのね
前の獣医さんだったら院内での針生検で異常が無かったら様子見という事にしてくれていたと思う
会計も初回とは言え35000円程でかなり高いよと思いつつも先生はとても熱心でワンコにとても優しい
まっくすは脂肪腫やらイボやら加齢とともにとてもできやすいタイプ
切除して更に調べるという気持ちは更々ないので
獣医さんには今後の我が家の方針を改めてきちんとお話ししなければと思ったのでした

とりあえず破れた腫瘍の予後を診ていただくために再診に行きました
出血した傷は治っていましたよ
切除しない事を伝えると先生からこのまま大きくなるとまた破けたり排便時に痛くなったりと大変という話になって
凍結療法で腺腫を急激に凍結させて腫瘍を破壊させるという治療法をした方が良いと
我が家の息子も子供の頃プールで水イボを貰ってきて皮膚科で液体窒素で焼かれたっけ、あれだよね!!
確かに出血する前まっくす便秘気味というか排便に時間が掛かっていて気になっていたのです
場所が場所なので大きくなっては大変なので処置していただきました
尻尾を掴まれ保定されての処置、まっくすヒャンヒャン泣きました
先生は痛くは無いけれど強い冷気で気持ちが悪いだけとは言うけれどねぇ
大きいので一度では小さくならないとは言われたけど
まっくすはもう嫌だそうです、あは

という事でグレーゾーンな結果は私の中では悪いものでは無いと結論づけました!
春に血液検査してから半年という事で腎臓、肝臓系の数値が上がり始めていたので血液検査をしました
また後日結果が出たら連絡しますという事でこの日はおしまい
まくちゃん最後にはガタガタ震えて
この獣医さんの印象は怖いところになってしまったかも

まだまだ続く通院の日々、やーん

d0050290_01001096.jpg




[PR]
by mamamack | 2017-12-02 00:59 | からだあれこれ | Comments(0)

ままま&まっくす的 、ほにゃらら生活


by mamamack
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31