気仙沼ー2014・夏

帰省してきました
超スローな台風の影響で天気の安定しない日々だったけれど
30度に満たない気温は動き回るには快適

我が家、オット側はずっと東京なのでいわゆる帰省する田舎がありません
義妹は田舎が大好きで私の実家に二度遊びに来てくれています
とはいえ30年も前の子育て中のこと
この夏、是非被災後の気仙沼に行ってみたいということで
お盆の少し前に一緒に帰省しました
妹や姪も子供を連れて一緒に新幹線でGO
ということで賑やかな帰省になりました

津波被災後の気仙沼へ私は何度も帰省しているけれど
初日は義妹を案内するために改めてじっくりと市内を散歩しました
二人でお喋りしながらふらふら歩き
被害状況や以前あった街並みを説明しながら歩いていると
改めて変わってしまった町並に頭がついていきません
内湾を歩いていると見上げる高さまで津波に覆われたという思いで
自然の驚異に頭がぼんやりしてきます

気仙沼の内湾の北には神明崎という小さな突端があり
小高い所にある五十鈴神社は水産業の守り神として
そして市民には神明さま(おしんめんさん)の愛称で親しみを持って崇められています

姉に車で神明さまの所まで送ってもらい
北の神明さまから南の魚市場まで
内湾をぐるっと歩きました

内湾の入り口に可愛い赤い鳥居
船で大島や唐桑に出かけ戻ってきたときに赤い鳥居が見えると
気仙沼に戻ったなと実感するのでした
ほら、大島からフェリーが戻ってきたところです
船のデッキでかっぱえびせんを放るとウミネコが飛んできて食べるんですよ

d0050290_23515390.jpg


お神明さまは内湾に突き出ていますから
当然津波で浮見堂も遊歩道も流されてしまいました

d0050290_23541889.jpg


台風の影響だったのでしょうか
港には船がいっぱいでいかにもな気仙沼の景色

d0050290_23561322.jpg


全国の船籍の書いてある船が並んでいる景色、大好きです
気持ちいい♪

気仙沼港の栄えた理由は気仙沼は何でもそろっていること
つまり、造船から修理、冷凍、物資の調達、等々すべて賄えることが強みだそう

d0050290_23573539.jpg


カツオ船とさんま船が仲良く並んでいます
8・20のさんま漁の解禁に備えてさんま船がたくさん並んでスタンバイしてましたよ

d0050290_051278.jpg


義妹とマグロ船の下で私なりの説明をしていたら
丁度勝栄丸の社長さんがいて
いろいろお話をしてくださいました
明日出航で荷積みの日だったようです

パナマ運河を通って大西洋で操業、3~4年帰って来ないそうです
その間はスペインの港を拠点として
冷凍コンテナ船でマグロを運び、船員さんは飛行機で休暇帰国するそうです
勝栄丸は出漁中に母国の津波のニュースを聞いたそうで被災はしなかったこと、よかった
でも遠くの地で母港の災害のニュースを聞くことは辛かったことでしょう

明日だったら出船送り見られたね
元気で頑張ってきてね~、ってお見送りしたかったな

d0050290_07847.jpg


内湾の周りの道路は嵩上げした道路と旧道が入り混じっていてちょっと複雑で歩きにくい
一休みしたかったけどk-portもどこも一杯!
どんどん歩きましたよ
魚市場にも登りました
この屋上にも避難された方がたくさんいて
内湾で火災が起きる中、壮絶な体験をしましたね
数日は下も瓦礫だらけで身動きできなかったようです

d0050290_0331790.jpg


台風後の昼過ぎは閑散とした市場でした

d0050290_0341472.jpg


気仙沼には仮設商店街がいくつもできています
覗いてみたり買い物してみたりと市内を歩いて
ふと島忠写真屋さんの中に大きなパノラマ写真を見つけました
震災前と後の写真です
見入っているとご主人が出ていらしていろいろ説明してくださいました
気仙沼はとても起伏にとんだ地形だというのがよく分かります
それで助かった方も多いのでしょうけど
気仙沼市で1353人の方が犠牲になりました

d0050290_039971.jpg

[PR]
Commented by エーノス at 2014-08-20 20:10 x
まあー、とにかく肌寒かった。気仙沼へは14日に帰省して17日に仙台へ戻り。この間、午前中は曇り空、午後からは必ずシトシトと雨が降って、秋梅雨に入った感じ。本郷のThe Bigでは船員さんらしき人が、大型のカーゴ3個分、大量に食料品を購入。たまった洗濯物を洗うため東新城に新しくできたコインランドリーへ向かうものの、新型機がすべて満杯。そこで古町の古いコインランドリーへ移動。古い洗濯機で洗濯が終わるまで、古町に新しくできた喫茶店Sea Candle Coffeeに家内と二人で入る。コーヒーの味は今一だったが、若い店主の意気込みが感じられる良い店でした。
浮見堂への道が復旧したのですね。以前は途中の道が陥没して裏からしかいけませんでした。支離滅裂なコメントで済みません。(三)
Commented by mamamack at 2014-08-23 00:16
☆エーノスさん
肌寒かったですね!
エーノスさんと少し被って私は15日に帰京しました。
お忙しいお盆帰省でしたね~。
でも大分お家の中も片付いてきたことでしょうね。
古町の新しい喫茶店ですか、、、
なかなか古町で喫茶店に入る機会もなさそうだけれど、感じのいいお店が増えるのはうれしいことですね。
浮見堂へ行くことはできましたよ!
でもまあ、、、なんとも言いようのない気持ちになりました。
内湾の工事が進めばあそこも綺麗になるのでしょうか。。
防潮堤との絡みもあるのでしょうか。。
by mamamack | 2014-08-10 16:07 | みなと気仙沼 | Comments(2)

ままま&まっくす的 、ほにゃらら生活


by mamamack
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31